石見神楽とは

代表演目紹介

五行

昔、中国では万物を生じ、万物を変化させる気として木・火・土・金・水の5つの気があり、その説を五行といいます。この五行の神のうち、木・火・金・水の神で1年春夏秋冬を支配しようとしたところ、中央の神である土の神が不服を申し出て争いとなりました。
それを塩槌乃翁が仲裁に入り、春夏秋冬にそれぞれ土用(18日)を設け、土用の期間を土の神が支配することとし、五行共に72日間を支配することとなりました。
00

scroll-to-top