石見神楽とは

代表演目紹介

黒塚(くろつか)

17
(上演:都治神楽社中)
陸奥の国を旅する法印と剛力は、那須野が原に差し掛かり、一夜の宿を探していると、一人の女性が現れ、その身の内に秘めた悩みを聞く。
法印は説法により女を慰めるが、実は狐が化けていたもので、やがて追われ、法印は逃れるが剛力は殺されてしまう。
狐は殺生石となり、再び現れるが、弓取、太刀取の名人の両名により、征伐される。
scroll-to-top