石見神楽とは

代表演目紹介

芝佐・悪切り

この舞は、前段と後段に別れ前段では天の香具山(かぐやま)の榊を守る大山祇命(おおやまづみのみこと)と天津児屋根命(あまつこやねのみこと)の榊取りをめぐって烈しい闘いの場所を現す舞です。後段では、榊を捧げたかわりに天津児屋根命(あまつこやねのみこと)より授かった十束(とつか)の剣(つるぎ)を振りかざし悪魔退散をため勇敢なる悪切り(あくぎり)をする舞です。
00

scroll-to-top