石見神楽とは

代表演目紹介

鍾馗

この神楽は、中国玄宗皇帝の夢物語を神楽化したもので、鍾馗大神は唐冠を被り茅の輪と宝剣を持ち、一切の病を司る疫病の鬼を退治するという、石見神楽では特に重厚な風格を持つ舞で、「大蛇」に並ぶ花形の舞です。
この演目は、謡曲「鍾馗」と、蘇民将来の「茅の輪」伝説、また須佐之男命の唐国武勇伝とが巧みに組み合わされた演目でもあります。
00

scroll-to-top