石見神楽とは

代表演目紹介

天蓋(てんがい)

00
天蓋とは、舞殿の上部に設置されているもので五色幣と四方四辺中央のそれぞれ9つの小天蓋により成り立っている。この小天蓋を上下、左右、前後に浮遊させ、神の降臨と神遊びの業をなす。
その姿は、まさに神の魂そのものといえる。
scroll-to-top