ブログ

ちょっとは、上達??

2017年7月18日
みなさん、こんにちは!

神楽面を作り始めて、早や25年。
って最近よく答えるんですが、いやいや、年数だけ重ねても仕方ないんですよね~って心底思ふ、今日この頃デス。

とはいえ、毎日毎日「神楽面」を作っていれば、自然と技も身についてきたな~と実感もしています。

たとえば、一番苦手だったのが「彩色」。
神楽面職人にとって一番の「腕の見せ所」といわれるだけあって、その人の努力とか、経験とか、性格まで全~部丸見えになってしまう、重要な箇所。

でも、今となってはその苦手意識も克服でき、とても楽しい時間となっています。

IMG_20170718_195628-e1500375896737

現在、進行中のお面です。


一見、簡単そうに見えますが、これが実に神経を使うのです。。。

糸よりも細~~~~い線を描く、しかも一気に描かないといけません。
失敗なんぞ許されません。一発勝負です。。。

これがなかなか上手くいかんのです。

そうですね~、過去には「失敗した!」てなって、サンドペーパーでもう一回磨いて、胡粉がけし直して、もう一回描こうとしたら、違うところで線が太くなり、また「失敗」。。。もう一度、サンドペーパーかけて、、、。

てのが、ザラにあります。


だから、「神楽面職人になりたい!」という夢を持っている人は、こういう時「あぁ、もうダメだ」なんて思ってたらダメですよ~~~。とにかく、手を動かし続けるしかありませんから。


ちなみに、こちらが10年前の彩色です。↓

IMG_20170718_201825-e1500376891330

10年前(2008年)の作です。
線が太く、明らかに「彷徨っている」感、漂いますね(汗)。

今でも、この面を彩色した当時を、ばっちり覚えています。
「よし、やるぞ!」という気合いとは逆に、ブルブルと震え、なかなか下地に線を入れれず、時間だけが経過した、あの日。

とはいえ、この時は「何とか思うようにできた!」と、それなりに満足していました。

今見ると、「なんじゃこりゃ」ですね。
でも、振り返った時に「なんじゃこりゃ」って思えるということは、一応、「成長」したってことです。

これが、何年たっても「うまくできたな~」なんて自己満足に浸っているようじゃ、ダメなのです。(偉そう~(笑))。


before
IMG_20170718_201825-e1500376891330

2008年作


horizontal
after
IMG_20170718_195628-e1500375896737

2017年作


同じ型ではないので、比較にはなりませんが、ようやく細い線が描けれるようになりました。

しかし、まったく満足していません。

なぜならば、師匠をはじめ、過去の先輩方の作品を見ると、、、「はぁ~」。。。


ため息しか出ないのです。。。これからの道のりは、まだまだ遠いな、と。


だから、とにかく「作り続ける」しかないのです。



ん~、やはり、神楽面職人の道のりは、果てしなく長い。。。




IMG_20170718_195554-e1500377443230

これでよくできたなんて、思うんじゃないぞ、小林泰三!!

108

これを、見ろ!!
133

これを、見ろ~~~~!!!


満足は、成長の敵である。

上には、上がいる。



小林泰三、ここからさらに技を磨きます!!


これからも応援、よろしくお願いいたします!!



それでは、今日はこの辺で、おやすみなさいませ~。
scroll-to-top