ブログ

ついに、嫁入り。

2017年3月5日
みなさま、こんにちは!

ついにこの日がやってきてしまいました。

手塩にかけて作り上げた、あの「飾り面」が嫁に行くことになったのです。。。

IMG_20161114_120930-e1488693400614

小林工房オリジナル「蛇面(じゃめん)」です!

そう、「蛇面」がついにお嫁にいくことになったとです。

嬉しい、嬉しい、嬉しすぎるのに、とても切なくて、もう少し時間がほしい。。。



それほど、僕にとって本当に思い入れの深い面なんです。



IMG_20170305_145928-e1488694028138

これは、3年前のデッサン。

実は、10年前から構想していた蛇面。
当時、私の所属する「温泉津舞子連中」で『龍神』という演目を創作し、それに登場する蛇神の面を考えていたのですが、結果的に般若面を崩した形で造形しました。

「もっと大蛇に近い形のものを」と想像を膨らませていくうちに、このようなデッサンの形までイメージが出来上がったのです。

やっとこさ形になって、堂々と出展したのが2年前の「広島島根神楽面作家交流展」でした。
が、来場者の反応は薄く、しばらく「小林工房」玄関で佇んでいた、蛇面さん。


しかし!

この度、小林工房のお得意様が「うちに飾りたい」と言ってくださり、ようやくお嫁に行く日が来たのです。


IMG_20170305_114333-e1488694227303

お嫁に行く日。ご主人様が迎えに来てくれました。


IMG_20170305_114344-e1488694510260

いよいよ、お別れの時です。


できれば、蛇面の第1号作ということで、自分用にとっておこうか、とも思いました。

しかし、商売です。

いつまでも展示してても意味がありませんし、気に入っていただける方の手元に行くことがこの子にとっても本望です。


嗚呼、蛇面、、、。

きみは、かぶることもできるし、目玉だって光るし、口だって動くのに、来る人来る人に「えぇ~、高っ!そんなにするの??」といわれるばかりでしたね。
あげく、電池も付けっ放しだったこともありましたね(これは僕のせいだね・・・)。

それでも、「うちに飾りたい」って言われたときは、飛び跳ねるほどの嬉しそうな表情だったことを僕は一生忘れません。

ご主人様のお宅にいっても、その表情を忘れずに、「いい顔してるね!」と言われるように顔張ってね。




ということで、嬉しさと寂しさに包まれている「小林工房」ですが、私も顔張って、頑張っていきます。


これからもよろしくお願いいたします!!


(なお、蛇面の制作については、完全受注生産となりますので、ご希望の方はお問合せください。)


InkedIMG_20170305_114426_LI

さようなら、ありがとう「蛇面」! そして、お得意様のM様、本当にありがとうございましたっ!!


scroll-to-top