ブログ

修理面の仕事~番外編~

2017年1月17日
修理面の仕事に興味を持っていただくために、連載としてブログ書きました。


今日は、その番外編ということで、過去に携わった作品をご紹介したいと思います。


「before」 → 「after」 でお楽しみください!!
before
ec5416b7cf8dd2551a922a4023c1ad9f

horizontal
after
ad3f2d7c21c00f6125ea03854b1d1ee0
before
52e794a6da49faaad3614e5b5514935a
horizontal
after
1863d37bbfdd3bb18e95d84f8cef53a7
before
58de5d23e91bd7fae9f761d897cc5e3e
horizontal
after
779e5881cc74ed63d1dd4f8d912a3f0b
before
106
horizontal
after
050
before
5e9c330b49c39bfa5bdba3b6ed7129c2
horizontal
after
40272b0f8c8145635e419f3585967b02
before
bfcd7ae5e2f746280d2ba3f0b3f9e254
horizontal
after
17834e8255d9604b2203f2be76088f6c
before
201759cba8f5291a324c00f13f5ee012-e1484543145453
horizontal
after
0ac3f9ac6f613056c14aeb9657f103bf-e1484543168183
いかがでしょうか。


ブログの「修理面の仕事①~⑤」の中でも言ってますが、「末永く愛用してもらう」ということを目的に、かつ、「修理すべきでないと判断した場合は『保存』、もしくは『復元』をお勧めする」という方針で、修理を行っています。


なので、「修理」を希望されていても「復元」をお勧めすることはよくよくありますので、ご了承ください。



ということで、これからまだまだ多くの依頼を受けれるように、腕を磨いてまいります。



もしも、ご家庭や神楽団内において、「蘇らせたいな」と思える品があれば、ご遠慮なくお問合せください。
宜しくお願いいたします。
scroll-to-top