ブログ

陰陽神楽競演大会の出店!

2017年11月1日
みなさん、こんにちは!

ここのところ、夜遅くまでの仕事が続いています。はぁ~、早く帰ってビール飲みたい(笑)。

とはいえ、この怒涛な日々も、あと少しで落ち着きます、ふ~~~。



さて、先日は、「第42回陰陽神楽競演大会」に出店依頼をいただき、行ってまいりました!!


IMG_20171028_100405-e1509466180651

出店の様子です。

IMG_20171028_100354-e1509466240668

2人のアシスタントちゃん達も頑張ってくれました!!


42回も続いているだけあって、前日から列ができるほどの人気なこの競演大会。

県内では数少ない、優勝団体(個人賞も)を競い合う、県内屈指の「競演大会」。

広島と島根から約10団体がその洗練された美しい芸を見せ、会場も大いに沸いていましたね。



そして、小林工房では、「神楽面の展示」「玩具面の絵付け体験」、そして、今回、満を持して新商品を発表いたしました!!


その名も・・・「童面(わらべめん)」!!


ちょっと言いにくいですが(汗)、熱狂的な神楽っ子のために、「安くて本格的な面を!」という目的で作ってみました。とりあえず、「鬼(白、赤)」「般若」「恵比須」「狐」の4種類を作ってみました。これから、「姫」「神」「猿」など子どもが喜びそうな面を増やしていこうと思っています!



IMG_20171028_100643-e1509466792645

白鬼(税込価格 8,640円 )

IMG_20171028_100721-e1509466888424

赤鬼(税込価格 8,640円 )



IMG_20171028_100758-e1509466931198

般若(税込価格 8,640円 )

IMG_20171028_111753-e1509466984965

恵比須(税込価格 7,560円 )

IMG_20171028_111344-e1509467036398

狐(税込価格 9,180円 )

8,000円~9,000円は、ちょっと高いなぁ~、、、と思われるかもしれませんが、これ以上下げることはできません・・・お許しください。。。

それでも、ちゃんと石州和紙を使い、胡粉塗り、金箔仕上げという、製造工程としては一切の妥協をせずにやっております。そのこだわりには絶対的な自信とプライドもってやってますので、この金額の価値は十分にある!と自負しています。



神楽っ子を持つお父さん、お母さん、そしておじいちゃんにおばあちゃん。



ぜひ、子どもや孫に「本当の神楽」「本物の神楽面」を触れさせてあげてください。ふるさと教育は僕たち大人の「本気度」によって進んでいきますから、ちょっとお高いイメージかもしれませんが、何にしても本物を持たせることが一番の教育だと思っていますので。


ということで、陰陽神楽大会の出店も、おかげさまで大盛況のうちに終えることができましたし、この「童面」も新登場しましたので、これからがまた楽しくなりそうです!!


これからも小林泰三、面白いことどんどんやっていきますので、何かリクエストとかあれば教えてくださいね!!



ということで、今日はこのあたりでさようなら~~~。

scroll-to-top