ブログ

8月が終わり、9月へ!

2017年9月3日
みなさん、こんばんは!

8月が終わり、9月に入りましたね。

小林工房は、全くスピードが緩むことなく、ほぼ全力疾走で毎日を過ごしております(汗)。


さて、先日は獅子頭の納品がありました。
こちらです。




IMG_20170830_175955-e1504438347250

獅子頭(1尺2寸型)


IMG_20170830_180018-e1504438417612

獅子頭(1尺2寸型) 左向き


IMG_20170830_180010-e1504438396457

獅子頭(1尺2寸型) 右向き




これはもともとの寸法が1尺1寸だったものを、1尺2寸に大きくして「復元」させていただきました。

獅子頭の復元は容易なことではなく、粘土で作り上げる時点で、最終的な寸法にしていくために、粘土の縮小も考慮して、かなり緻密な計算をしながら作業をしていかなくてはいけません。

文系でも、理系でもない、造系の私にとっては、過酷な時間なのです。。。


ですが、これもお仕事です。修行の一つでもあります。「日々勉強」の精神でとにかく数字とにらめっこしながら、毎朝、粘土型と向き合ってきました。


IMG_20170830_175955-e1504438347250

通常時


IMG_20170830_180109-e1504438867834

耳部分、可動時


さらに、この獅子頭は耳の部分が動く「可動式」なのです。

口だけでなく、耳の可動部分については、地元の大工さんにも協力してもらい、特注の木型を制作してはめ込んでいます。が、そう簡単には和紙型と一致しないので、ちょっとしたテクニックが必要になります。

何はともあれ、無事に納品できて一安心ですが、課題は山積みです。
全力で最大限の力を注ぎましたが、まだまだ習得しなければいけない技術がたくさんありますね。


なんせ、獅子頭の製作し始めてまだ8年とちょっとです。

この獅子頭制作を極めるべく、もっともっと研究していこうと思っています。


「獅子頭といえば、小林」と言われるまで、頑張りますよ!!




では、今日はこの辺で、さようなら~~~。




scroll-to-top